メーターのお話

KTMはREADY TO RACEを掲げるバリバリのレースメーカーというイメージが強いですが、最近は安全性や快適性に特化した電子制御システムなどのテクノロジー面でも定評があります。

 

 

そんな中でもストリートモデルではもはやお馴染みになってきたTFTフルカラー液晶ディスプレイメーター!

 

 

今日はこのiP〇dのようにタッチしたくなるハイテクメーターをいじる作業が多かったです。

 

というのも、2017年モデルではオプションだった、TFTメーターとスマートフォンをBluetoothで接続して音楽を聴いたりできるKTM MY RIDEが無料でインストール可能に!

 

 

でーん!

 

お客さんの2017MY 1290SUPER ADVENTURE Rにインストールして、うらやましかったので早速自分の1290SUPER ADVENTURE Sにもインストール^^

 

 

つまづきながらも

 

 

無事ペアリング完了!

 

ですが僕、肝心のインカムを持ってないので、インカム買うまでアドベンチャーに乗りながら音楽聞いたり電話したりできません。。。

 

でも!あの憧れのKTM マイライドが無料でインストール可能ですよ!?

 

2017年モデルのTFTメーター搭載車にお乗りでまだマイライドを入れていない方は、ぜひぜひお近くのKTMディーラーへ^^!

 

 

またTFTメーターネタでもう一つ。

 

こちらは390DUKE

 

ちょこっと裏技でABSをオフにすると。。

 

NOT LEGAL!『違法だよ!悪いよ!』

 

と警告が出てきます^^

 

日本ではセーフですが、ヨーロッパではABSをオフにするのは違反らしいです。

 

 

と、KTMのストリートモデルにはいじってるだけで楽しくなってくる多機能なメーターが標準搭載されています。

 

バイクで音楽聞けたり、電話できたり、走行中バイクが勝手に転倒防止してくれる機能があったり。。。

スゴイ時代になってきてますねっ^^!笑

 

 

またこちらは2016以前のDUKEにお乗りのお客様が今日見せてくれたLCD液晶ディスプレイメーター。

 

走行距離(ODO)の表示が99,999kmまでの為、10万キロを超えるとロールオーバーの表示が!笑

 

ぜひ皆さんもこの表示を見るために愛機のKTMモーターサイクルに乗り続けてくださいねっ^^♪

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    KM (火曜日, 26 6月 2018 21:34)

    1290と390、125dukeには最初から付いていて、790はオプション、250はオプション設定なし見たいです
    基準がわからん