アクラポビッチ。

ボブでございます。

 

「アクラポビッチ」

 

いわゆるアフターマーケットマフラーの花形的存在ですね。

 

KTMパワーパーツでもほとんどの車種にラインナップされています。

マフラーを替えるって言うことは、

 

「音が大きくなる」

 

「高回転のパワーが出る」

 

「カッコいい!」

 

って言うようなイメージでしょうか。

 

でも、アクラって高いのにそれだけ?って思いますよね。

 

ご安心を、それだけじゃないんです!

 

例えば、SX-Fにアクラのサイレンサーを入れると若干音量が下がります。

 

当然、パワーは出ているのに、です。

 

パワーを出しつつもサイレンサー、マフラーとしての基本性能を上げているあたりさすがだと思います。

もう一つはパワーの出方です。

 

例えば、1290スーパーデュークにアクラのフルエキを入れると約15psほど出力が向上するらしいです。

 

200馬力近いモンスターマシンになる訳です。

 

実際、これがついたマシンとSTDのマシンを乗り比べたことがあったのですが、

 

意外にもアクラが入っている方が乗りやすかったのですね。

 

と言うのも、下のトルクが増してるんです。

 

さらにパワーの谷が少なくなり、しっかり加速させて行ける感覚があり、楽に乗れる印象になりました。

 

ボブが感動したのはそこです!

ボブが乗らせてもらったのはこの子ですね。

 

速かった。。。

 

スーパーデュークはもともとトルクのオバケですが、アクラを入れることで洗練された乗り味になりました。

 

サーキットでもこれはアクセルが開けやすくなる分、タイムは上がるはずです。

そして、690Duke Rに採用されているスリップオンタイプのサイレンサー。

 

これもかなり効果があります。

 

ツインプラグのLC4になって低回転域でも比較的扱いやすくなっている690Dukeですが、

 

アクラの採用でさらに扱いやすさが増しました。

 

パワーカーブもきれいになっちゃってアクセルを開けるのも気持ちいいのですね。

 

何がスゴいって、フルエキならまだしもサイレンサーだけでここまで変わっちゃうのはびっくりでした。

 

違いのわからないオトコ、ボブが体感できたんですから、たいていの人は体感できるはずです!

後もう一つ、大事なメリットは軽量化です。

 

車種によっては8kg前後も軽量化できるのです。

 

パワーパーツのアクラポビッチエキゾーストはみーんなチタンorカーボンですからね。

 

これだけのメリットがアクラにはあるのです。

 

ただカッコいいだけじゃないのです!!

 

「マフラー変えてパワーでても使い切れないし。。。」

 

っていう方にもアクラは「乗りやすくなるので!」オススメです。

 

ぜひぜひご相談ください。

 

ボブでした!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    kotarou (金曜日, 10 7月 2015 21:54)

    KTM1290 購入を夢見ているものです。
    いきなりすみません。
    アクラのフルエキ購入後はつけたいと思っていますが、音が爆音とのことでしたが 車検はもちろん通らないと思いますが、やっぱり、車検毎のノーマル交換になるんでしょうか?
    性能があまりあがらないのであれば、スリップ魅力ないですが・・
    公道不可ですのでサーキットオンリーですもんね。
    音量落とす手段はあるのでしょうか?また、バッフルなどあるのか分かりませんが、デメリットなどもあるのでしょうか?
    無知ゆえの質問にてすみません。

  • #2

    ボブ (土曜日, 11 7月 2015 10:19)

    kotarou様

    コメントありがとうございます。
    マフラーの事に関しましてはメールかお電話にてご相談頂ければと思います。
    03-3334-2760にお電話頂くか、左側メニューのcontactよりお名前を入れたメッセージを送って頂ければ詳細をお知らせいたします。
    よろしくお願いいたします。

  • #3

    奥田秀和 (土曜日, 19 11月 2016 09:59)

    スーパーデュークR1290のアクラボのフルエキ装着していますが
    レースに使用してますがインナーバッフルが抜けないのですが、何処に溶接されているのか分かりますか?構造をまた溶接の剥がし方などアドバイスして頂ければ幸いです。