ローダウンについて

ボブでございます。

 

今日はローダウンについてのお話です。

 

KTMのモーターサイクルは総じてシート高が高めです。

 

まあ、外車ですからね(笑)

 

ボブは体重があるのでほとんどのバイクはサスが沈むため足付きはあまり困る事は無いのですが、

 

690エンデューロRだけは足をつこうとしてスカってなっておっかなかったのですね(笑)

 

そこでローダウン!っていうのが出てくるわけですが。ですが。。。

 

もちろん車高も意味があって決まってる物なのでテキトーに下げてはいOKとはいかないのですね。

そこでコイツの出番です。

 

ローサスペンションキットです。

 

オフロードモデルはほとんどの車種にラインナップされています。

 

これで25mm〜50mm下がります。

 

どういう風に下げるかというと、サスの中の伸び側の方に詰め物をして「伸び」を抑制してやるわけです。

 

こうしてやる事でサスの性能を損なう事無くローダウンできます。

 

他にも方法はありますが、サスの性能をキープする事を考えるとこの方法がベストなようです。

ストリートモデルにもローダウンキットの設定はあります。

 

こちらは690Dukeの物ですね。

 

ボブが持ってるフロントフォーク、左が施行後、右が施行前のフォークです。

コレがローダウンキットのパーツの一つです。

 

黒い方がローダウンキットのもの、白い方がSTDです。

 

コイツの長さが変わる事でサスの長さが変わるわけです。

 

ちなみにローダウンキットの設定が無い車種もありますが、だいたいの車種は対応できます。

 

カタログに無い場合はお問い合わせください。

で、そもそもローダウンするとどういういい事があるのか?

 

足付きが良くなります。

 

足付きが良くなると林道等で二足二輪で行きたいような所で安心感が増します。

 

普段の街乗りでも信号待ちで縁石を探さなくても良くなります。

 

「安心感」

 

コレにつきますね。

 

乗りやすくして楽しみやすくするっていうのが目的だと思います。

そしてデメリットは最低地上高が下がる事。

 

オフロードだとアンダーガードは必須なのですね。

 

オンロードではバンク角が小さくなる事です。

 

だいたいこの2点でしょうか?

 

「落としたいな。。。」と思ったらまずはご相談ください。

 

実はもっとお手軽なローシート換装等で事足りちゃったり。

 

サス以外にもシート高を下げる方法はありますからね。

 

迷ったらまずはご相談ください。

 

ボブでした!!!!!!!!!!!!!!!!!!