2013年

7月

19日

2014 オフロードモデルディーラー試乗会 #1

ボブでございます。

 

昨日はお店をお休みして長野県のワイルドクロスパークGAIAで行われた、

 

KTMディーラー向けの2014年オフロードモデルの発表、試乗会に行ってきました。

 

ボブも乗って来たのです。

 

うふふふふふふふふふ♡

 

14年モデルもKTMのマスィーン達は最高でございました♡

じゃーーーーーーーーん!

 

ちっちゃいのからでっかいのまでオフロードモデルが勢揃い。

 

さすがに50SXや65SXは展示のみでしたが、ほとんどのモデルにエンデューロコース、モトクロスコースでの試乗が出来ました。

 

当日は朝まで雨でしたが、試乗会に協力していただいた田中太一選手、水上泰輔選手、石戸谷蓮選手、北井良樹選手、桒垣竜斗選手、矢野和都選手、川村真理子選手らが水抜き等の作業を行ってくれていいコンディションで試乗できました。

 

さらにこの名だたるライダーの方々がエンデューロコースのコース設定もしていただいたのですね。

 

ご、豪華すぎる試乗会だ。

 

ライダーの方々、本当にありがとうございました。

さて、今日の名目は「ディーラー会議」ですので座学もあります。

 

ありますが、KTMのこういう会議は一瞬で終了します(笑)

 

「とにかく乗って遊んで楽しんで、その楽しさをお客様に純度120%でお伝えするべし!」

 

というスタンスで行われているので、非常に試乗する時間が長く取られています。

 

のでさっさと着替えて乗っちゃいます!

 

わーーーーい!バイクに乗れるぞーーーーーー!!!!!

一番最初に乗ったのは125EXC sixdays。

 

ボブが大好きな2st125です♡

 

今回はカラーリングの変更、サスペンションのセッティング変更等です。

 

特に4CSはボトミング付近の特性をより粘るようにしているようです。

 

それにしても125EXCは軽い!

 

KTMの2stは下のトルクも比較的厚いのでボブのようなヘタレでも結構乗れちゃいます。

 

高回転をキープして走ればちゃんとパワーも出ますしね。

 

このちょうどいいパワー感と軽さが125EXCの最大の魅力ですね。

新型のsixdaysはこんな感じのデザインです。

 

’13SXシリーズと同じ形状のシュラウドになり、すっきりしたデザインになりました。

 

今年のISDE開催地のイタリア、サルディーニャ島に合わせ、イタリアンカラーになっています。

ヘッドライトユニットが大型化し、ちょっと明るくなってたりします。

 

顔の印象も変わりましたね。

 

フェンダーも高剛性タイプになりました。

そして個人的にツボだったのはこの新型メーター。

 

機能云々はおいといて、とりあえずカッコ良くないですか?(笑)

 

ソリッドなカタチでボブ好みのデザインでした。

お次の試乗は250EXC sixdays。

 

ボブ、スゲエ顔して乗ってる(笑)

 

だってmamiが後ろでレブらして煽るんですもの。。。

 

mami「ボブ立て!座んな!開けろ!!」ボババババババババババババ←レブってます

 

ボブ「あわわわわわこええええよおおおおおお」ムパパパモームパパパパパパパ←カブッてます

  

でも、思ったより扱えない感はありませんでした。

 

そりゃあ上まで回せば化け物ですが、そこまでの過渡域が扱いやすいのですね。

 

4csのリセッティングも効いてる感じです。

 

想像以上にイメージ通りに走ってくれてビックリでした。

 

2stもちゃんと進化させて作っているメーカーも少なくなってきましたからね。

 

最先端の2stである250EXCは2stフリークにはたまらないマシンだと思います。

オマケ

 

さて、本日はここまで。

 

後の車種は明日以降お伝え致します。

 

オマケの写真は行きの道中にかかった虹です。

 

キレイにアーチ状になった虹でした。

 

こんな虹見たのっていつぶりだろ。

 

久々に自然の美しさに心洗われたボブでした。

 

(コソッと写真とって後で親分になんで教えねーんだって怒られたのはナイショです)